マルプーとは?

原産国マルチーズ:イタリア
トイプードル:フランス
成犬時
目安体重
2.5kg-4.0kg
被毛タイプシングルコート
(毛が抜けづらい)

代表的なカラー4種

アプリコット 

レッド

クリーム 

ホワイト

目次

  1. マルプーの起源
  2. マルプーの特徴
  3. マルプーの性格
  4. マルプーの飼いやすさ
  5. マルプーの寿命と気を付けたい病気

マルプーの起源

マルチーズとプードルをミックスして生まれたものをマルプーといいます。日本での歴史は5~6年と浅いですが、人気が高いです。マルチーズ自体は非常に歴史が長く、紀元前1500年頃から存在していたとされています。一方、トイプードルも古くからヨーロッパ各地にいたようですが、17世紀に入ってフランスの上流社会でペットとして人気が出るようになったため、フランス原産といわれています。この二つの種類の犬種が配合されたのがマルプーなのです。マルチーズもトイプードルも日本で人気のある犬種ですからそのどちらの良いところを兼ね備えた犬種となったマルプーは当然人気が出ました。

マルプーの特徴

見た目は、マルチーズに近いものと、プードルに近いものがいますが、マルチーズとトイプードルが持ち合わせている、柔らかい巻き毛とクリンとした丸い目が特徴的です。また、耳も両親の垂れ耳を受け継いでいて、マルプーも同様に垂れ耳です。トイプードルに似ると首や足が長くなる傾向にあり、反対にマルチーズに似ると首や足が短くコロンとした見た目になります。マルプーは両親のどちらに似るかで見た目が変わります。そのため、兄弟でも見た目が違って似ていないことが少なくありません。成犬時の体重は2~4kgといわれていますが、個体差が大きく、両親の大きさによります。毛色はクリームやアプリコットなど様々です。

マルプーの性格

マルプーのようなミックス犬は性格をはっきりと断言する事が難しいと言われていますが、トイプードルの「賢く甘えん坊な性格」とマルチーズの「人懐こい性格」を受け継いだ、明るく元気で優しい性格の子が多いです。遊んでいるときなどは元気いっぱいのやんちゃな一面もありながら、基本的には飼い主さんに愛情をたっぷり注ぐ温厚な子が多いです。マルチーズの陽気で朗らかな性格、トイプードルの甘え ん坊で社交的な性格のどちらに似るかも飼育して成長していく中での楽しみといえます。

マルプーの飼いやすさ

身体は小さいので、一人暮らしの方や集合住宅にお住まいの方でも飼いやすいでしょう。マルチーズ、プードルともに穏やかな性格でフレンドリーなため、吠え癖はつきづらい傾向があります。親であるマルチーズとトイプードルはともに賢い性格であるとされており、しつけもしやすい部類でしょう。利口で賢いパートナーとなってくれますよ。 マルプーはふわふわとした被毛が特徴的ですが、両親のシングルコートを受け継いでいるため、比較的抜け毛が少なく、家中が毛だらけになるということはありません。一方で、毛の伸びるスピードが速いので、頻繁にトリミングが必要になります。

マルプーの寿命と気を付けたい病気

マルプーの平均寿命は12歳~15歳と言われており、小型犬として平均的であるといえます。なりやすい病気としては、通称パテラと呼ばれる膝の骨がずれてしまう病気が挙げられます。小型犬のため関節が弱いので、床にはマットを敷く、爪切りや足裏の毛のカットで滑らないようにする、高いところからジャンプさせないようにするなど、日常生活の中で足に負担をかけないよう注意が必要です。また、マルチーズは鼻涙管が閉塞しやすい傾向があるといわれています。命には別条がありませんが、他の犬種に比べて涙焼けをしやすいため、目の周りのケアには気を付けましょう。

    次の記事

    ポメプーとは?